トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に利用されています。低用量ピルは避妊以外にも、肌の悩みや生理に関する悩みの改善など女性の悩みを幅広く解決してくれます。そんな低用量ピルの効果について詳しく説明していくので、もし低用量ピルをこれから使用したいと考えている方は参考にしてみてください。

  • ホーム
  • トリキュラーの服用が広まれば中絶は無くなる?

トリキュラーの服用が広まれば中絶は無くなる?

多様な薬

中絶というのは大きな悲劇であり、本来は喜ばしい妊娠が心に大きな傷を作る出来事となってしまいます。
中絶の理由というのも様々あります。
妊娠の段階で無事に出産をすること自体が難しい障害などが見つかり中絶をすることもあれば、妊娠自体を望んでいなかったのに妊娠をしてしまって出産という選択をすることができず中絶をするということもあります。

現代社会では圧倒的に後者のほうが多く、特に日本では中絶の件数というのが非常に多いものとなっています。
性行為をすれば妊娠をする可能性があるので、妊娠をしたくないのであれば避妊を徹底しなければなりません。
しかし、気分が高まっている中で避妊のことを真剣に考えるということは容易なものではありません。
雰囲気に流されて避妊をせずに性行為をして、妊娠をしてしまうというケースは跡を絶ちません。

性行為の直前になって避妊のことを考えるのが難しければ、事前に対策をしておけば良いと考える事もできます。
トリキュラーを服用すれば中絶のない世界を作ることも不可能ではありません。
トリキュラーを正しく使っていれば、ほぼ100パーセントに近い確率で避妊をすることができます。
これにより望まぬ妊娠を避けることができます。

もしも、世の中の妊娠しては困る状況にありながらも性行為を迫られる女性全てがトリキュラーを服用すれば、中絶のない世界も夢ではありません。
現実的には体質の問題でトリキュラーを服用することが出来ないという女性もいます。
飲み忘れなどの失敗もありえるので、完全に無くなるというわけには行きません。
しかし、女性のほとんどがトリキュラーを服用するような世の中になれば、中絶の件数も現在の何百分あるいは何万分の一にまで減らすことができるかもしれません。