トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に利用されています。低用量ピルは避妊以外にも、肌の悩みや生理に関する悩みの改善など女性の悩みを幅広く解決してくれます。そんな低用量ピルの効果について詳しく説明していくので、もし低用量ピルをこれから使用したいと考えている方は参考にしてみてください。

  • ホーム
  • ヤーズなら太らずに服用できる!

ヤーズなら太らずに服用できる!

低用量ピルを服用すると、副作用で太る可能性があります。
しかし、ヤーズと呼ばれる低用量ピルには逆に痩せるといった声もあがっています。
主に以前使っていた低用量ピルからヤーズに乗り換えた人が、その効果を体感しています。

利用者が多い低用量ピルは第二世代と呼ばれるものが多いのが原因として挙げられます。
これにはエストロゲンやプロゲストーゲンが含まれており、食欲増進や脂肪が付きやすいなどの効果がありました。
この効果はあくまでも個人差があり、服用した人全てにこの効果があるわけではありません。

ヤーズは第四世代に属している低用量ピルで、食欲増進効果がありません。
第四世代の低用量ピルにはドロスピレノンと呼ばれるホルモンが含まれています。
ドロスピレノンには食欲増進効果もなく、更にニキビができにくい体質に徐々に変化していきます。
ヤーズの服用で痩せたという話は、あくまでも第二世代から第四世代に低用量ピルを変えたことで起こる効果です。
ヤーズ自体が痩せる薬というわけではないので、知らないで服用しないように注意しましょう。

更にドロスピレノンは元が利尿ホルモンなので、体内の余分な水分や塩分を排出しようとする効果があります。
その効果で身体のむくみの解消も期待できます。
食欲増進が起きないのと併せて、痩せたような効果を体感できるかもしれません。

ヤーズなどの低用量ピルは本来、ホルモンバランスを妊娠中の状態にすることで身体を妊娠中だと勘違いさせて避妊させる薬です。
なので身体は体内に赤ちゃんがいると思い、栄養を沢山摂取しようとします。
低用量ピルの服用により食欲増進したことに対して、不安になる必要はありません。
この様な仕組みを理解していれば、これは自然なことだとすぐに理解することができます。